TRIP

クート島の行き方は?陸路ならこの行き方がおすすめ|Koh Kood ‐ コ クート

こんにちは、まいばるです。森博嗣の推理小説のトリックがいつも理解出来ません。

タイにはサムイ島やサメット島などたくさんの人気島リゾートがありますが、今回は静かな穴場リゾート・クート島の行き方を紹介します。

▼クート島の動画はコチラ

《Koh Kood》クート島とはどんな島?

《Koh kood/クート島》はタイの南部トラート県に属し、カンボジアとの国境近くの海洋に浮かぶ島です。《Koh Kood》とはタイ語表記の読み方のため、日本語ではクート島・クード島・クット島などと呼ばれています。

翠色の海にマングローブの森と、手付かずの自然が多く残されており、島内に点在するリゾートではシュノーケリングやカヤックを楽しむことが出来ます。島を訪れるベストシーズンは11月~3月頃までの乾期の間です。

クート島

クート島の行き方

トラート県の島々、チャーン島・クート島・マーク島へは主に3つの行き方があります。

①バンコクからトラート空港まで飛び、そこからフェリーで行く
②エカマイバスターミナルからバスでトラートまで行き、そこからフェリーで行く
③カオサンからバスでトラートまで行き、そこからフェリーで行く

最終的にフェリールートは避けられないマルチフェリーエンディングとなっておりますが、今回は③ルートでの行き方を説明します。

ちなみに、②エカマイ発ルートでマーク島にも行ったことがあるので、エカマイ発ルートもこちらの記事で解説しています。

マーク島行き方
タイの秘島、マーク島の行き方は?バンコクからバスで8時間|Koh Mak‐コ マークタイの秘島・マーク島ってどんな島?行き方やおすすめスポットを紹介します。...

1.《BOONSIRI/ブンシリ》のチケットを購入

《Boonsiri High Speed Ferries/ブンシリ》はタイの島々を結ぶ高速船を運航しており、バンコク(カオサン)からトラートまでのバス、島までのフェリー代を含むチケットを購入することが出来ます。

チケットはブンシリ公式サイトから購入可能ですが、私が利用した時は不具合のためかチケット予約が出来なかったので、《12Go Asia》というチケット予約代行サイトを利用しました。

《Boonsiri High Speed Ferries/ブンシリ》公式サイト

《12Go Asia》でチケット予約

目的地、日付、人数を選んでチケットを検索。クレジットカードで支払いを済ませると、チケット代わりのPDFが添付されたメールが届くので、当日はブンシリオフィスの受付でスマホを見せるだけでOKです。

12Goチケット予約画面

 

《12Go Asia》公式サイト

前日の予約ではチケットが売り切れている場合があります。

行きのチケット購入時に帰りのチケットも予約しておくことをおすすめします。

まいばる
まいばる
私たちは前日予約でチケットが取れず、島から帰れない島流しの刑になりました!

この令和の時代に旧石器生まれの私達は紙チケットの受け取りが必要と考え、わざわざ12GoAsiaのオフィスに足を運び、スタッフに失笑されながらPDFのコピーを渡されるという失態をおかしました。もう一度言いますが、紙チケットとの引き換えは必要ありません。

2.カオサンから出発

カオサン発のバスで6時間かけてトラートに向かいます。

バス乗り場はカオサンにあるブンシリオフィスの前。オフィスの受付でパスポートとチケットを見せ、バスチケットを受け取ったらバスに乗り込みましょう。

  • バスはトイレ付き
  • 水の無料配布あり
  • 途中1回、15分間のトイレ休憩あり

【バス乗り場/ブンシリチケットオフィス前】

ブンシリオフィス前

3.トラートでフェリーに乗り換え

トラートのバス停に到着したら、受付でバスチケットと引き換えにフェリーチケットを受け取ります。その際に宿泊先のホテル・帰りのチケットの有無を確認されます。

受付を済ませたらカートで船着場まで移動します。カートに乗り切れなかった人は箱乗りになるので落ちないよう耐えてください。船着き場までは3分程です。

ブンシリフェリーチケットの受付

4.フェリーに乗船

クート島まではフェリーで約1時間の船旅です。日によっては波が高く、フェリーが揺れる場合があるので船酔いしやすい方はご注意ください。

フェリーは3階建てで、1階席はエアコンの効いた室内、2階席・3階席はオーシャンビューが楽しめますが屋外です。

“1時間の船旅に屋外はキツイ…ここは1階席を確保しなければ…” などと焦ることはございません。客層の8割を占める白人旅行者達は我先にと2階3階へ上がっていくからです。

フェリー

5.船着場からホテルへ

クート島到着すると、船を降りた先にブンシリのスタッフが待っています。宿泊先のホテルを伝えるとホテル行きのソンテオ(乗り合いタクシー)を教えて貰えます。このホテルまでの車代はブンシリのチケット代に含まれています。

ブンシリスタッフ
クート島のおすすめホテル、楽園リゾート|Shantaa Koh Kood ‐ シャンター コー クートこんにちは、まいばるです。先日頂いた東京バナナを圧殺致しました。 今回ご紹介するのは、タイ南部の秘島・クート島のリゾート《Shan...
クート島のおすすめホテル、マングローブの森に浮かぶ宿|Bann Makok the Getaway ‐ バンマコック ザ ゲートウェイタイの秘島クート島のおすすめホテル《バーンマコック ザ ゲートウェイ》はカヤックを漕いで海に向かったり、冒険心溢れる素敵なリゾートです。...

クート島からの帰り方

宿泊中のホテルのスタッフに何時のフェリーで帰ることを伝えると、船着場までのソンテオを手配してくれます。

クート船着場で受付を済ませたら行きと同じルートで帰ります。トラートのバス乗り場で、バスの降り先にカオサンかラートクラバンを選ぶことができます。

観光客の少ないリゾートでゆっくり過ごしたい方はぜひクート島を訪れてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう