TRIP

バンコクのローカルエリアを巡るサイクリングツアー|CO VAN KESSEL – コ ヴァン ケッセル

こんにちは、まいばるです。手持ちのパンツ5枚中3枚に穴が空いてます。はき続ける…灰になるまで……!

先日、《CO VAN KESSEL Bangkok Tours》の自転車ツアーに参加してきたので、今回はそれについての記事です。

5分の3の確率でパンツに穴が空いてる人の動画はコチラ▼

【CO VAN KESSEL】サイクリングツアーとは?

ヤワラート(タイの中華街)周辺で、白人観光客で構成された謎の黄色い自転車集団が頻繁に目撃されていたが、 ついにその実態が明らかになった。

《CO VAN KESSEL Bangkok Tours(ゴーヴァンケッセルバンコクツアーズ)》 では、7~8人程のグループに3名のガイドが付き、自転車でバンコクの様々なエリアを回ります。
コースによっては川あり森ありアナコンダありのGet Wildな体験が出来る、超!エキサイティンッ!なツアーです。

車や人通りの多いエリアを走行することもあります。ガイドが常に安全に気を配っていますが、ご自身でも十分注意して走行してください。

英語が出来なくても大丈夫!

ガイドとのコミュニケーションは英語です。こちとら天下の英検3級なので若干不安でしたが、基本的には走りっぱなしのツアーなので特に支障はありませんでした。

【CO VAN KESSEL】お店の場所・行き方

《MRTフアランポーン駅》から徒歩10分、またはBTSサパンタクシン駅》から《チャオプラヤエクスプレスボート》に乗り、《Si Phraya Pier(シープラヤ船着場)》で降りて徒歩1分。
リバーシティ前の道路に面した、黄色い看板が目印のお店です。

Covankesse

【CO VAN KESSEL】各種ツアー・料金一覧

Co Combo 1850THB  AM7:00-12:00 or PM13:00-18:00
Co Classical 950THB     AM8:00-11:00 or PM14:00-17:00
Co All Day 2300THB AM9:00-PM18:00
Co by Night 950THB   PM18:00-21:00

※価格やツアー内容は変わる場合があります。公式HPにて最新情報をご確認ください。

  • 12歳以下のお子様は料金から25%割引
  • 飲料水の無料配布あり
  • 雨天時のレインコートの配布あり
まいばる
まいばる
おすすめは朝や夜の涼しい時間帯のツアーです!

 

次々に移り変わるバンコクの風景が面白い!

今回私が参加したのは《Co Combo》の朝7時~昼12時までの半日ツアーだ。

このツアーに参加するに辺り、最大の難所は出発時間に間に合うか、という一点のみであったが、自宅からタクシーをブっとばすという手段を用いてクリアした。

店舗内でツアーの簡単な説明を受けたら、ゴーヴァンカッセルのトレードマークとも言うべき黄色い自転車に跨り、いざ出発。これで僕らも謎の黄色い自転車集団だ!

今までタイ各地で色んな自転車を乗りこなしてきた俺たちだ。三角木馬か?と疑うほどにケツが痛くなる自転車もあった。そんな暴れ馬に比べれば、ゴーヴァンカッセルの自転車の乗り心地は最&高である。

自転車サドル調節はふいに足の短さを思い知らせてくる悪魔の罠

 

オールドタウンから中華街へ

サイクリングツアーは《サムパッタウォン区のオールドタウン》から始まった。このエリアは古い街並みを残しながらも、お洒落なカフェがあったりとレトロ可愛い雰囲気で最近注目を集めているエリアだ。

ウォールアート旧市街のウォールアート
The So Heng Tai Mansion《The So Heng Tai Mansion》
築百年の家築百年の家。もはや人が住む遺跡

 

洗濯物を潜り抜け、寝起きのおばあちゃんに挨拶しながら曲がりくねった隘路を進む。

タイの人々の生活が垣間見れて、外国人の私達にはとても面白い体験となるはずだ。

旧市街を歩く動画もあるので興味のある方は見てみてほしい。

オールドタウンを散歩する動画はコチラ▼

 

チャオプラヤー川を渡ってグリーンエリアへ

中華街を抜けてチャオプラヤー川を渡ったら、ロングテイルボートで一気にバンコクのグリーンエリアへ。川沿いにはオオトカゲやアナコンダがいてサイクリングツアーはいつの間にかジャングルクルーズと化す。超!エキサイティンッ!

オオトカゲ サイクリングロード

ヤシの木が生い茂るグリーンエリアを走るのは気持ちが良い。が、よく見るとマリオカートのコースみたいな道なのだ。コースアウトには気を付けられたし。超!エキサイティンッ!

昼食を食べたらリバーシティへ戻る

昼食にタイ料理を頂いたら帰りはスピードボートをブッ飛ばしてリバーシティに無事帰還。

途中休憩を挟みながらの行程なので体力的に辛いという事も無かったが、昼に近づくにつれ暑くなるので熱中症には注意が必要。

普通の観光ではなかなか行けないようなバンコクのローカルエリアを回るので、もっとタイの事を知りたい!という方におすすめのツアーです。

【CO VAN KESSEL】店舗詳細

営業時間 6:00-19:00
TEL +66 (0)2 639 7351
Email CONTACT@COVANKESSEL.COM
公式URL Webサイト Facebook Instagram
アクセス
  • MRTフアランポーン駅から徒歩10分
  • BTSサパンタクシン駅からチャオプラヤエクスプレスボートに乗り、Si Phraya Pier(シープラヤ船着場)で降りて徒歩1分
地図 Googleマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう