TRIP

フアタケー市場|バンコクのレトロ可愛い百年市場

フアタケー市場

こんにちは、まいばるです。2つの口内炎が合体して、今巨大なひとつの口内炎が生まれようとしている。

YouTubeにレトロ可愛い穴場タラート(市場)、フアタケー市場の動画を上げているので今回はそれについての記事です。

フアタケーとはタイ語でワニの頭の意。

その名の由来は、市場を流れる川に時折ワニが出没し、川を渡る者を襲ったため、 村人は恐れを込めてこの地をフアタケーと呼んだそうな…と市原悦子ボイスで語られたら信じそうになるが、そうではない。

なんでも大昔のワニの頭の骨が見つかったから、らしい。

フアタケー市場の場所・行き方

エアポートリンク・ラートクラバン駅から車で10分程。
大通りに面したウドムポン市場で降りて、市場を直進するとフアタケー市場の看板と橋が見えてきます。

フアタケー市場のレトロ可愛い雰囲気

ウドムポン市場でタクシーを降りた時、私は思った。

(よくあるタイの市場やん…)

地元民で溢れるタイ市場の日常の風景がそこにはあった。

YouTubeの撮影について、行き先の選定は相方に全面的に委任しているため、私は現場に着くまで一切何も知らないのが常なのだ。

そのためいつも動画の冒頭がココドコ?から始まる『見知らぬ土地に拉致されて来た人のチャンネル』みたいになっている。

この日もウドムポン市場をフアタケー市場だと勘違いし、相方のリサーチ不足を疑い、愛用のモーニングスター(西洋の武器)を取り出しかけたが、目的地のフアタケー市場はウドムポン市場を真っ直ぐ進み、川を渡った先にあるとのことであった。モーニングスターの錆にするのはまだ待ってやる。

フアタケー市場フアタケー市場の前を流れる川を渡ると…
フアタケー市場 フアタケー市場

フアタケー市場は百年市場であると聞き、ひたすら古いだけの市場を想像していたが、良い意味で予想を裏切られた。

古民家に収まるレトロな店、涼し気なリバーサイドのカフェ…

百年前のセンス、ハンパねぇ!!

となるのは早計である。私ははやる心を抑え、某少年探偵ばりに冷静に観察した。

ぺろっ…ここは古民家を改装した市場…!

フアタケー市場は古き良き時代の風情を残しながらも、古民家を改装したカフェ等が入った、レトロ可愛く生まれ変わったオシャレ市場なのである。

古めかしい理髪店の椅子、今は静かにひっそりと置かれたジュークボックス…そこかしこにレトロなアイテムが。

ノスタルジックなタイの原風景に欠かせない存在、『軒先に座ってるおじいちゃん』も完備している。

フアタケー市場おばあちゃんが使っているのは足で踏むミシン
フアタケー市場昭和みを感じる…

 

フアタケー市場のカフェ・レストラン

古民家を改装した温かみのあるカフェ【Smell dream】では 、時間を掛けて上質なココア(50THB) を淹れてくれる。

カフェラテ(90THB)も豆を挽くところから淹れてくれるので、とんでもなくおいしい。

カフェSmell dream
ココア

リバーサイドの食堂でバミー(タイ風ラーメン)を注文し、目の前の川を流れる水草を眺めながら料理を待つ。

時折、ボートでお昼ご飯を買いに来たおじさんが競艇ばりのコーナリングを見せて去っていく。そんなひととき。(どんなひととき?)

 

土曜日に行ったにも関わらず、観光客はほとんど見掛けませんでした。

スワンナプーム国際空港からエアポートリンクで一駅の場所にありますので、トランジットの際に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。

まいばる
まいばる
大きな市場ではありませんが、写真を撮ったりのんびり過ごすのに良いところです。

▼動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう